2015/04/06

5月16日(土) ウェイロン先生のワークショップを開催します!!!

お待たせしました!
前回大好評だったウェイロン先生が、今年もウダヤでワークショップを開催していただくことになりました。


世界中を旅してヨガを学び教えを続けるトラベル・ヨギーでシタール奏者でもあるウェイロン、今回は日本ではまだあまり紹介されていないヒマラヤ修行僧の秘伝の呼吸法のクラス『クリア&プラーナーヤーマ瞑想』と彼が16年間の修行からあみ出した『Zuddha Yoga』の2本立て、終了後に訪れる深いヒーリングの世界を是非味わってみて下さい。
17歳からヨガを始めたウェイロンは、自然との繋がりや調和、アヒムサ(ベジタリアニズム)、そしてキルタンやチャンティングをバランスよく取り入れたヨガのクラスを構成し、且つインドやヒマラヤ各地で学んできた伝統的なヨガを忠実に教えている現代には珍しいプロパースタイルの素晴らしいヨギーです。現在も尚ヨガの学びを怠ることなく練習を日々続け、小さなヨギーニ、パドマと共に家族3人で世界中を旅しながらヨガを学び教え続けています。


5月16日(土)

①10:00~11:30
<ズッダ・クリア&プラーナーヤーマ瞑想クラス>
チベットのヨガ行者から秘伝のクリアヨガ(あらゆる呼吸法の実践を行うことで、筋肉等を締める強い呼吸とポーズ)を行うこと(クレンジング)で、体全体の組織の不純物を取り除き、筋肉、靭帯、臓器等を強化すると同時に深い浄化が起こります。朝起きて顔を洗い歯を磨くように、体の中(特に内蔵器官)の浄化を目的とします。
太陽の光と同時に草木が開く(=自然界のプラーナーが活性化しはじめる)早朝に自己のエネルギーを細胞レベルまでクレンジングし、呼吸器官や筋肉を強化します。
その結果クリア(強い呼吸の練習法)後にアーサナの練習(身体の練習)を行うことにより、内なる世界への浄化が集中的に行われ相乗効果が得られます。
※このクラスの後にそのままアーサナクラスをセッティングしています。呼吸・瞑想後にアーサナを受けることによってより深い浄化が得られます。是非続けて受けることをおすすめ致します。

②12:00~14:00
<ズッダヨガALL LEVEL>
瞑想・クリアからじっくり入りチャンネルを徐々に開いていくことによって、体内のエネルギー(神経、経絡、血液、間接)が全開していきます。エネルギーがハートまで届くと今まで恐れていた場面でもチャレンジ精神が芽生え、体の内側にあったトラウマを克服し心身の浄化が活動的になり、同時に自分自信の中で眠っていた強いコアを見い出すことが出来るでしょう。
ヨガにはタパスという教え( 燃やす、焼く、輝かせる、苦しむ、熱で消費するという意味)がありますが、タパスとは人生の最終目的に到達する為いかなる状況下でも燃え尽きるほどの努力をすることも必要だという教えです。自分にとって心地の良いこともそうでもないことも同時に受け入れ挑戦するという深いヨガの教えを「ズッダヨガ」を通して、旅をするように体感する2時間です。



料金(当日支払)◆①3,500円 ②4,500円
             5回チケットのご利用可能です。

             マットレンタル300円/数に限りアリ「メール予約制」

予約◆件名に【Waylon WS】

    参加クラス名、ご参加者(フルネーム)、電話番号、マットレンタルの有無、を明記の上
    hello@udaya.jp にメールでご予約お願い致します。

    「返信アドレスは、udayayogastudio@gmail.comとなります。」ので受信設定をされている方はご確認下さい。
    また、スタジオでのご予約も可能ですので、受付で対応しております。


場所◇udaya yoga studio

    251-0042 藤沢市辻堂新町1-4-30 辻クリニック敷地内 udaya yoga studio





【講師プロフィール】
ウェイロンは、カナダ・ブリティッシュコロンビアの森や山のに囲まれ誕生しました。人生最初の6年間をファームで過ごし動物や木々、自然に対する理解を深めながら育ちます。青年時代は自分自身を癒す事、そして世界を助けるという目的に費やされます。そしてヨガに出会った瞬間から自身の人生の目的に目覚めました。その後世界中を旅し多数の偉大な師に出会い勉強と練習を積み重ねたウェイロン。現在はヨギ・ファミリーと旅をしながら自ら開発した彼の個性溢れるヨガ「Zuddha Yoga」を教え、地球と人類への手助け、音楽とヨガを通じて社会貢献し、ヨガの信念に基づいたシンプルでアヒムサ(非暴力)な生活を築く手助けをし活動を続けています。

WEBSITE: http://www.zuddhalotus.com






0 件のコメント:

コメントを投稿